コロリーを解約する方法と迷っている時はどうする?

コロリー

 

コロリーを解約する場合は、まずコロリーの予約専用フリーダイヤルから解約を申し出るか、直接施術を受けているときに店舗に解約する旨を伝えると言う方法で手続きを開始することができます。

 

電話で連絡をした場合は通っているコロリーの店舗に予約を入れるようになっていて、その時に店舗で直接解約の手続きをするようになります。

 

基本的には必要な書類を提出したり、返金対応を求める場合は返金が可能であるのかどうかを確認してから手続きを踏むようになっています。この際基本的に違約金などのペナルティは発生しないようになっているのですが、解約に関する手数料はかかってくるので注意が必要です。

 

ちなみに解約するかどうか迷っていると言う場合、その理由によっては継続して利用することがおすすめされる場合があります。

 

例えば引越しなどの理由で通えなくなったと言うのであれば近くにコロリーの店舗があるのであればそちらに移動することで継続して脱毛サービスを受けることが出来るようになっています。なのでこの場合は無理に解約しなくても、その前に継続して利用できるかどうかを確認してから検討することができます。

 

またコロリーでの脱毛コースの回数が残っているということで解約を悩んでいると言う場合、残っている回数に応じて返金してもらうことができます。

 

つまり残り回数があったとしてもそれをお金として返してもらうことが出来るようになっているということですし、返金対象になる契約期限も回数に関係なく無期限となっています。

 

なので辞めたいけれど回数が残っていて勿体無いと考える必要はないため、その点を踏まえて継続するのか解約するのか考えることが出来るようになっています。

コロリー解約時に必要な書類

コロリーの契約を解約する場合、店舗での手続きが原則となっているほかにも手続きをするためにいくつか必要な書類があります。

 

まずはコロリーのコールセンターに連絡した際に後日郵送されてくる書類があるので、必要な記入事項を記入した状態で店舗に持参もしくは直接コロリーのコールセンター宛に郵送します。

 

この時、記入に不備があった場合はその場で記入することが出来るようになっていますし、郵送した場合は不備があれば再度郵送されてくるので間違えないように記入しておくことが大切です。

 

基本的に必要となってくる書類は郵送されてくる専用のもの以外には必要はないのですが、店舗で手続きをする場合には書類とは別に印鑑や会員証を用意しておく必要があります。

 

それと同時にクレジットカードでの支払をしていた場合は支払をしていたカードを提示して解約する手続きを別に行ってもらう必要がありますし、返金の手続きが必要になっている場合は返金手続きに関する書類に記入することも必要になっています。

 

このようにコロリーでの手続きをする場合には郵送されてくる書類のほかにも店舗側が用意している書類や手続きに関連するものに記入をする必要が出てくるため、利用していた人たちが別途で用意しなければいけないものと言うのはほとんどありません。また店舗で直接手続きをすることが難しい場合は全て郵送で済ませることができるようになっていますし、こちらの場合は不備がなければそのままコロリー側で手続きを完了させてくれます。

 

ただしいずれの場合も記入ミスなどの不備があった場合は手続きを進めることができなくなっているので、正しく記入して指定された場所や日時に手続きが行えるようにすることが大切です。