コロリーの解約理由で多い理由は?

コロリー

コロリーの解約理由としては

  • 効果が期待できなかったということ
  • 効果に満足した
  • 途中で通えなくなってしまった

ことなどが挙げられます。

 

さまざまな理由で解約したくなった場合、契約をした店舗で手続きを行うことになります。その場合は電話で事前に解約の理由を伝えてから店舗に行った方がスムーズに手続きができます。引っ越しや転勤などの理由で直接店舗に行くことが難しい場合、解約に必要な書類を送ってもらうと良いでしょう。

 

その書類に必要事項を記入して送り返すことになります。コロリーは月額制のエステサロンであり、次回の予約を入れている場合はその分の金額も支払ってからやめることになります。

 

予約を入れていない場合は翌月の分がかかってしまうことはありません。そのため解約を考えいる場合、タイミングを見計らって手続きを行うと良いでしょう。

 

月額制の場合は解約の時に手数料がかかりませんが、一括で支払った場合は手数料がかかります。

 

契約金額の残金の1割が手数料であり、最初に支払い方法を決める時に解約のことまで考えておくと良いでしょう。

 

無料カウンセリングをしてすぐに契約してしまったけれど、やはりやめたいということもあるかもしれません。

 

その場合はクーリングオフ制度を利用するという方法があります。クーリングオフできるのは契約書面を交付された日を含めて8日間であり、理由については何でも大丈夫です。

 

エステサロンは長く通うものですし、中途半端な気持ちではなく納得してから契約をすることが大切です。

 

コロリーは部分脱毛ではなく全身脱毛を考えている人におすすめのエステサロンです。

 

シンプルな料金設定がポイントであり、追加料金などがかかってしまうことはありません。また、女性専用のエステサロンであり、清潔感のある店内でリラックスして過ごすことができるでしょう。

妊娠したら?引っ越ししたら?肌荒れしたら?

コロリーなどのエステサロンでは光脱毛を採用しているのですが、この脱毛方法は安全性が高いことで知られています。

 

妊娠に気づかないで施術を受けてしまっても胎児への影響はないということです。

 

しかし、妊娠中は体調が変化しやすい時期ですし、妊娠したかもしれない場合は脱毛を休んだ方が良いでしょう。妊娠中は体質が変わる人も多いですし、脱毛で肌が荒れやすくなったり痛みを感じやすくなったりすることもあります。

 

いつもは平気な刺激でもストレスになってしまうことがありますし、それが原因で胎児に影響を与えてしまうかもしれません。

 

つわりで体調が悪くなった時などもエステサロンでは対応できませんし、妊娠の可能性がある場合はスタッフにきちんと伝えるようにしましょう。

 

脱毛のコースが残っているけれど引っ越しが決まっているという人もいるかもしれません。その場合は途中で店舗移動をすることができるので相談してみると良いでしょう。

 

コロリーでは安全性の高い施術を行っていますが、万が一肌荒れなどのトラブルが起こってしまった場合、すぐに店舗に連絡すると良いでしょう。プロのスタッフによる適切なケアを受けることができますし、自宅でのケア方法なども教えてもらうことができます。